2022年
お待たせしました!
今年もロボットの
募集がはじまります

つながる気づく動き出す

事業案内

- What is ARX?

愛知県が2019年度から2年間にわたり取り組んできた「あいちロボットショーケース」。
with/afterコロナの「新しい生活様式」により高まったサービスロボットへの期待を一過性のものとせず、生活の様々なシーンでロボットとの協働により社会を変革(トランスフォーメーション)させるべく、AICHI ROBOT TRANSFORMATIONとして、様々な施設でのロボット活用の好事例をものづくり王国・愛知から発信します。
2022年度も、スポーツ施設やオフィス、空港等で、ロボットの導入に知見のある専門家の監修により、公開の実証実験およびプロモーションを行います。 ロボットの機能や効果を広く社会に発信し、ロボットの導入を目指すユーザー施設とのマッチング機会の創出に取り組みます。

ARX 愛知県 サービスロボット社会実装推進事業

募集案内

- How to Entry

募集対象

以下のカテゴリーでサービスロボットによる実証実験を希望する企業・団体を募集いたします。

区分 募集対象 募集種別 想定数
A ロボットベンダー Category 1 サービスロボット実証実験 各施設
2~3機程度
Category 2 サービスロボットプロモーション 各施設
10機種程度
B 施設 文化・スポーツ施設/医療/介護/宿泊/商業施設など 1か所程度

募集期間

2022年7月27日(水)~8月31日(水)

実施内容

サービスロボットによる実証実験、展示会でのデモンストレーション。
施設のロボットニーズ・実証テーマは募集要項に記載がございます。

Category1 ©Forward Stroke inc.
アーバンネット名古屋ネクスタビル

名古屋市

Category12
イオンモール常滑

常滑市

Category1
藤田医科大学病院

豊明市

Category12
豊田スタジアム

豊田市

出展
リテールテックJAPAN 2023 ARX出展ブース

東京ビックサイト

応募方法

参加を希望する方は、下記の書類を電子メールに添付して送付してください。

提出書類

1 参加申込書 Excelファイルダウンロード(35KB)
2 サービスロボット及び実証実験の内容がわかる資料 様式自由(ロボットベンダーのみ)
3 ロボットの外観及び動作がわかる1分程度の映像(ロボットベンダーのみ)

提出方法

提出書類の電子データを電子メールに添付して送付してください。ファイルサイズが5MBを超える場合はファイル便等を使用してください。

提出先・問い合わせ先※ 委託業者(株式会社電通ライブ 名古屋支社)より、事務局業務を受託
ARX(AICHI ROBOT TRANSFORMATION)推進事業事務局
(ヴィジョントラスト㈱※内)担当:鬼頭、木谷

E-mailoffice@aichirx.jp

提出期限2022年8月31日(水)必着 ※電子メールで提出してください。

実証実験・展示会参加に関する注意事項

  • 実証実験・展示会で発生する費用については、場所使用料、共用倉庫使用料、会場装飾費、観客整理要員費、警備費、報道発表及びウェブサイトでの広報費は愛知県が負担し、その他の経費 (人件費、機材費、運搬費、旅費、滞在費、保険等)は参加者の負担となります。
  • 実証実験・展示会出展は公開で行っていただきます。また、実証実験で撮影した、記録写真・動画については、愛知県がサービスロボットの普及・啓発で活用いたします。
  • 実証実験の実施時期及び内容や方法は、参加企業や施設、愛知県と調整の上、決定します。
  • 実証実験は、ロボット導入についてのご要望などをヒアリングさせていただき、応募のあったロボットの中から、課題を解決するために適したロボットでおこないます。
  • 実証実験等実施時の安全管理は参加者の責任のもと行っていただきます。適切な対策が講じられていないことが判明した場合は採択を取り消す場合があります。
  • 実証実験は、複数施設に応募可能です。
  • 実証実験と展示会の両方に応募可能です。
  • Category1と2の両方に応募可能です。
選考について

ご応募いただきましたロボット・施設の選考は、外部の有識者等による選考委員会により行います。委員会は非公開とし、選考の経過等に関する問い合わせには応じません。

選考基準
  • 公共空間での運用において、現在または近い将来の実用化が期待できる完成度を有しているか。
  • サービスの向上や不便の解消など、利用者や運用者にとって利便性が高まる機能や性能を備えているか。
  • 「新しい生活様式」への効果が期待できるか。
  • 生産性の向上や新しい市場の創造が期待できるか。
  • 倫理及び安全への適切な対応が行われているか。
  • 参加ロボットの所有者または使用者が、社会通念上不適切な行為を行なっていないか。

  • 【Category1の応募ロボットに関して】

  • ベニューに提示されたニーズ・実証テーマに即したロボットおよびサービスの提案があるか。
  • 本実証実験を通じて検証したい内容が明確か。

  • 【Category2の応募ロボットに関して】

  • 実施ベニューにおける活躍が期待できるデモンストレーションが行えるか。
選考結果通知

選考結果は、採択・不採択にかかわらず、参加申込書に記載されている応募者に電子メールにて通知します。

事業全般に関する問い合わせ先

愛知県経済産業局産業部産業振興課 次世代産業室ロボット産業グループ
住所:〒460-8501 名古屋市中区三の丸三丁目1番2号 (愛知県庁本庁舎1階)
TEL:052-954-6352(ダイヤルイン)
E-mail:jisedai@pref.aichi.lg.jp
受付時間:午前8時45分から正午まで、午後1時から午後5時30分まで(土日・祝日を除く)

← PAGE TOP